投稿

WEBLOG

天気輪の柱

牧場ぼくじょうのうしろはゆるいおかになって、その黒いたいらな頂上ちょうじょうは、北の大熊星おおくまぼしの下に、ぼんやりふだんよりもひくく、つらなって見えました。
ジョバンニは、もうつゆりかかった小さな林のこみちを、どんどんのぼって行きました。まっくらな草や、いろいろな形に見えるやぶのしげみの間を、その小さなみちが、一すじ白く星あかりにらしだされてあったのです。草の中には、ぴかぴか青びかりを出す小さな虫もいて、あるは青くすかし出され、ジョバンニは、さっきみんなのって行った烏瓜からすうりのあかりのようだとも思いました。
そのまっ黒な、まつならの林をえると、にわかにがらんと空がひらけて、天の川がしらしらと南から北へわたっているのが見え、またいただきの、天気輪てんきりんはしらも見わけられたのでした。つりがねそうか野ぎくかの花が、そこらいちめんに、ゆめの中からでもかおりだしたというようにき、鳥が一ぴきおかの上を鳴きつづけながら通って行きました。
ジョバンニは、いただき天気輪てんきりんはしらの下に来て、どかどかするからだを、つめたい草にげました。
町のあかりは、やみの中をまるで海のそこのおみやのけしきのようにともり、子供こどもらの歌う声や口笛くちぶえ、きれぎれのさけび声もかすかに聞こえて来るのでした。風が遠くで鳴り、おかの草もしずかにそよぎ、ジョバンニのあせでぬれたシャツもつめたくやされました。
野原から汽車の音が聞こえてきました。その小さな列車れっしゃまど一列いちれつ小さく赤く見え、その中にはたくさんの旅人たびびとが、苹果りんごをむいたり、わらったり、いろいろなふうにしていると考えますと、ジョバンニは、もうなんともえずかなしくなって、またをそらにげました。

(この間原稿げんこう枚分まいぶんなし)

ところがいくら見ていても、そのそらは、ひる先生のったような、がらんとしたつめたいとこだとは思われませんでした。それどころでなく、見れば見るほど、そこは小さな林や牧場ぼくじょうやらある野原のはらのように考えられてしかたなかったのです。そしてジョバンニは青いことの星が、三つにも四つにもなって、ちらちらまたたき、あしが何べんも出たり引っんだりして、とうとうきのこのように長くびるのを見ました。またすぐの下のまちまでが、やっぱりぼんやりしたたくさんの星のあつまりか一つの大きなけむりかのように見えるように思いました。

タグ